ドライマウス 原因

ドライマウスになる原因とその予防方法

歯医者さんで聞いたので、どういった症状が出ればドライマウスなのかは分かりました。しかし、どうして私がドライマウスになってしまったのか、その原因が知りたくて色々と調べてみました。そうしたら、いくつか思い当たるフシがありました。

誰も教えてくれない…口臭・粘りの予防に『なたまめ歯みがき』

実は私は軟らかい食べ物が大好き。トロトロに煮込んだ豚の角煮、ハンバーグは表面をカリッと焼いたものよりも、やわらかく煮込んだ煮込みハンバーグ、うどんやラーメンも硬麺よりも軟麺、ご飯も柔らかく炊いたご飯、というように小さい頃から、あまり噛まなくても食べられる軟らかいものばかりを食べてきたように思います。硬い煎餅やさきイカ、玄米など、しっかりと噛まないといけない食べ物なんて殆ど食べたことがありません。

そういえば、ここ数年、仕事が忙しくて帰りが遅くなることも多かったですね。仕事のストレスを発散しようと、仕事仲間とお酒を飲みながら愚痴の言い合いをしていました。その時はスッキリした気分になるのですが、お酒を飲んでも本当のストレス解消にはならないんですよね。しかも、お酒を飲んだ翌朝は口の中が更にカラカラに。もう最悪の状態です。

私は口の中が乾く以外に特に持病も無いので当てはまらないと思いますが、薬の副作用によるドライマウスも多いそうです。また、糖尿病、ガンの放射線治療、免疫系の病気で目、鼻、のどなどが乾くシェーグレン症候群でドライマウスになってしまうこともあるそうです。

唾液は健康のバロメーターと言いますから、3か月以上に渡って口の中が乾いた状態が続くようなら、心身の不調や病気を疑った方がいいかもしれません。たかが口の中が乾くだけと侮ってはいけません。


1秒でも早く止めたいその口臭に、このなたまめ歯みがきをオススメします!