ドライマウス 予防

ドライマウスの予防と対策

歯医者さんの指導のもと、私がドライマウスを直すためにまずやったことは、食事の時に意識してよく噛むようにしたことです。よく噛めば唾液もたくさん出て、口の渇きも軽減されるからです。食事ひと口で30回噛むのが理想って言いますから、最初のうちは『1、2、3、4・・・・・・・30』って心の中で数えていました。

誰も教えてくれない…口臭・粘りの予防に『なたまめ歯みがき』

それから、食事の内容も見直しました。これまでは軟らかいものばかりを食べてきましたが、今は噛み応えのある食べ物を意識して食べるようにしています。ご飯は、白米に玄米を混ぜるようにしました。たくあんも食べるようになりました。パンも硬いフランスパンに変えました。おやつは煎餅やクッキー、さきイカなどをよく噛んで食べています。野菜もキュウリやニンジンなどを生でバリバリやって食べています。

食事をしている時は結構唾液も出るようになったのですが、それ以外の時はやはり少し口の中が乾く感じがすることもあります。そんな時のためにペットボトルの飲み物を持ち歩くようになりました。糖分の摂り過ぎにならないようにお茶か水以外は飲まないようにしています。

歯医者さんにドライマウスの相談をした時に聞いたことですが、唾液が出る唾液腺は自律神経にコントロールされているそうです。その自律神経を鍛えてストレスに強くなるために適度な運動をススメられました。いろんな運動の中でもウォーキングが最適とのこと。通勤の途中や休みの時など時間を見つけてウォーキングをしています。

今日の疲れやストレスを明日に持ち越さないように、家では思いっきりリラックスしています。お風呂では好きな入浴剤を使って心身ともにリラックス。唾液の分泌を促すように唾液腺のマッサージも忘れません。


ドライマウスを直すために色んなことをやっていますが、自分ではちょっと良い感じかなと思っています。自分のニオイは自分では分からないと言いますから、勇気を出して私の口臭を指摘した友達にまた聞いて見ました。


『どう?臭う? はぁ。。。(息を吐く音)』

『うん、大丈夫。臭わない。』

『ほんと?良かったぁ!』

『婚活頑張れよ!』

『うん!ありがと!』



1秒でも早く止めたいその口臭に、このなたまめ歯みがきをオススメします!