口臭 唾液

唾液が少なくなると口臭が強くなります

唾液には、「消化作用」「抗菌作用」「粘膜保護作用」「粘膜修復作用」「歯の保護と再石灰化作用」など、様々な優れた作用があることは、よく知られたことですが、せっかくのその唾液の働きも分泌量が少なくては、その効果を充分に発揮することは出来ません。

誰も教えてくれない…口臭・粘りの予防に『なたまめ歯みがき』

高齢者は若い時に比べて噛む力が弱くなっているので、唾液の分泌量が減ってしまうことが知られています。しかし、最近は高齢者だけでなく、中高年や若い人達の間にも唾液ん分泌量が少ない人達が増えてきているそうです。

今の若い世代の人達は、子供の頃から軟らかいもの中心の食生活をしてきたために、よく噛むための筋肉の発達が不十分の場合が多いようです。噛む力が弱いために口を閉めておくことができず、いつも口が開いたままの若者が多いことも頷けます。こうなってしまうと、口の中が乾きがちになり、唾液の量が少なくなるのも当然ですよね。唾液の量が少なくなってしまうので、口臭も強くなってしまう訳です。


1秒でも早く止めたいその口臭に、このなたまめ歯みがきをオススメします!